contents
「慰安婦」・戦後補償関係書籍・資料(部分)

  1.書名(50音順) 2.編・著者 3.出版社・者 4.刊行年月
 

1. 赤瓦の家 朝鮮から来た 従軍慰安婦 川田文子 筑摩書房 ちくま文庫 1994.1 単行本87.2.
2. アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件訴状 ハッキリ会編 日本の戦後責任をハッキリさせる会 1992.
3. アジアの子どもと買春 ロン・オグレディ 京都YMCAアプト訳 明石書店 1993.3.
4. アジア太平洋地域における女性の人権と法的地位 サビットリ・グナセケラ アジア女性基金 1996.8.
5. 足跡ひとつひとつに涙がにじむ─華北に連行された朝鮮の少女の軌跡 「慰安婦」問題を考える都高協有志ネットワーク 1996.12.

6. アジアの中の日本軍─戦争責任と歴史学・歴史教育 笠原十九司 大月書店 1994.9.
7. アジアの民主化と女たち  伊従直子(いよりなおこ) 明石書店 1994.10.
8. アジア女性交流史  山崎朋子 筑摩書房 1995.4.
9. アジアの戦争被害者たち─証言日本の侵略 伊藤孝司写真・文 草の根出版会 1997.4.
10. アジアの声第一集 侵略戦争への告発 戦争犠牲者を心に刻む会編 東方出版 1987.3.

11. あなた朝鮮の十字架よ 歴史詩集 従軍慰安婦  張貞任 金知栄 影書房 1992.8.
12. A Modern FORM of Slavery HRW, USA 1993.12.
13. ある日本軍「慰安婦」の回想 フィリピンの現代史を生きて マリア・ロサ・ルナ・ヘンソン 藤目ゆき訳 岩波書店 1995.12.
14. 慰安婦たちの太平洋戦争・沖縄編 闇に葬られた女たちの戦記  山田盟子 光人社 1992.6.
15. 慰安婦たちの太平洋戦争  山田盟子 光人社 1991.9.

16. 「慰安婦」への償いとは何か─国民基金を考える  戦後補償キャンペーン 大島孝一ほか編 明石書店 1996.3.
17. 「慰安婦」問題Q&A アジア女性資料センター編 明石書店 1997.4.
18. ドキュメント「慰安婦」問題と教科書攻撃 俵義文 高文研 1997.6.
19. いま学びたい近現代史 梅田欽治・佐藤伸雄編 教育史料出版会 1997.4.
20. インドネシア兵補の訴え 日本インドネシア兵補協会編著 梨の木舎 1993.4.

21. インディアスの破壊についての簡潔な報告 ラスカサス、染田訳 岩波書店 岩波文庫 1976.6.
22. インドネシア──多民族国家の模索 小川忠 岩波書店 岩波新書 1993.8.
23. インパクション102/107  編集部 インパクト出版会 1997.4./1998.4.
24. ウサギたちが渡った断魂橋 からゆき・慰安婦の軌跡 上 下 山田盟子 新日本出版社 1995.5.
25. 海渡る恨 勝山泰佑写真集  勝山泰佑 汐文社(韓国)

26. 援護五十年史  厚生省社会・援護局 ぎょうせい 1997.3.25.
27. オキナワ戦の女たち 朝鮮人従軍慰安婦 福地曠昭 海風社 1992.8.
28. 沖縄戦 朝鮮人軍夫と従軍慰安婦 版画集  儀間比呂志  清風堂書店 1995.8
29. 沖縄の帝王 高等弁務官  大田昌秀 朝日新聞社 1996.1.
30. 沖縄県民斯ク戦ヘリ─大田實海軍中将一家の昭和史 田村洋三 講談社 1994.3.

31. 汚辱の近現代史 いま克服のとき 藤岡信勝 徳間書店 1996.10.
32. 終りなき海軍 若い世代へ伝えたい残したい 松浦敬紀編著 文化放送 1978.
33. 終りなき戦後─証言と記録  東京新聞編 東京新聞出版局 1994.10.
34. 女のネットワーキング 横浜女性フォーラム編
35. 女のグループ活動資金のつくり方 横浜女性協会

36. 女たちの太平洋戦争  朝日新聞社編 朝日新聞社 1996.9.
37. 女たちがつくるアジア  松井やより 岩波書店 岩波新書 1996.9.
38. 陸海軍軍事年鑑  軍人会館出版部編 日本図書センター
39. かくて昭和史は甦る─人種差別を叩き潰した日本  渡部昇一 クレスト社 1995.5.
40. 漢口慰安所 長沢健一 元漢口兵站指令部・軍医大尉 図書新聞社 1983.7.

41. 韓国とディベートする 韓国を徹底的に論破する 北岡俊明 総合法令 1996.10.
42. 韓国から見た日本の歴史教育  李元淳 青木書店 1994.8.
43. 韓国・朝鮮人BC級戦犯者の国家補償等請求訴状  編
44. 韓国へ、怒りと悲しみ  豊田有恒 文藝春秋 1996.5.2.
45. 韓国・反日症候群  黒田勝弘 亜紀書房 1995.3.

46. 韓国併合  海野福寿 岩波書店 岩波新書 1995.5.
47. 完全版三光  中国帰還者連絡会編 晩聲社 1984.5.
48. 韓日条約の再検討と東北アジア秩序  韓国アジア社会科学研究所  同研究所 1996.3.
49. 消えた細菌戦部隊─関東軍七三一部隊 常石敬一 筑摩書房 ちくま文庫 1981 増補1989 文庫1993
50. 聞け!血涙の叫び 旧台湾出身日本兵秘録 基佐江里編著 旧日本軍軍人軍属遺族救助基金会出版局

51. きけわだつみのこえ─日本戦没学生の手記 日本戦没学生記念会編 岩波書店 岩波文庫 1982. 初版1949.東大出版会
52. 期待と回想 下巻  鶴見俊輔 晶文社 1997.8.
53. 北朝鮮の旅──届かないこころ  畑中康雄 技術と人間 1997.2.
54. きみには関係ないことか─戦争と平和を考えるブックリスト90-96 京都 …連絡会編 かもがわ出版 1997.6.
55. 金学順さんの証言 「従軍慰安婦」問題を問う 解放出版社 解放出版社 1993.2.

56. 強制連行と従軍慰安婦 「戦争と平和」市民の会 平林久枝編 日本図書センター 1992.5.
57. 共同研究 日本軍慰安婦 吉見義明 林博史 大月書店 1995.8.
58. 教科書が教えない歴史 藤岡信勝 自由主義史観研究会 産経新聞社 発売・扶桑社 1996.8.
59. 「教科書危機」理解のために──資料集 産経新聞社 産経新聞社 1996.8.
60. 教科書が教えない歴史  藤岡信勝 産経新聞社 1996.12.

61. 教科書が教えない歴史 3 藤岡信勝 自由主義史観研究会 産経新聞 扶桑社 1997.5.
62. 教室で語りあった戦争責任─平和の主体が育つ近現代史の授業 久保田貢 かもがわ出版 1997.2.
63. 玉砕しなかった兵士の手記 横田正平 草思社 1988.7.
64. 「近現代史の授業改革」批判 宇佐美寛・池田久美子 黎明書房 1997.7.
65. 近現代史の真実は何か─藤岡信勝氏の「歴史教育・平和教育」論批判 藤原彰・森田俊男編 大月書店 1996.1.

66. クマラスワミ報告と慰安婦問題 千葉大学法学論集第11巻第2号 秦郁彦 千葉大学 1996.10.
67. 軍隊慰安婦 戦争と人間の記録 金一勉編著 徳間書店 1992.2.
68. 検証・朝鮮植民地支配と補償問題 朝鮮人強制連行真相調査団編 明石書店 1992.8.
69. 現代の慰安婦たち 軍隊慰安婦からジャパゆきさんまで 臼杵敬子 徳間書店 1983.11.
70. 検証 従軍慰安婦 従軍慰安婦問題入門  上杉千年 全貌社 1993.7.

71. 検証・日韓会談  高崎宗司 岩波書店 岩波新書 1996.12.
72. 皇軍慰安所の女たち  川田文子 筑摩書房 1993.8.
73. 国際法からみた「慰安婦」問題 国際法律家委員会 明石書店
74. 国際ボランティア活動  D・ウッドワース ジャパンタイムズ
75. 国益の立場から  渡部昇一 徳間書店 1996.10

76. 国際化時代の民族教育  高賛侑 東方出版 1996.6.
77. 獄中十九年──韓國政治犯のたたかい 徐勝 岩波書店 岩波新書 1994.7.
78. 国民の油断 歴史教科書が危ない! 西尾幹二 藤岡信勝 PHP研究所 1996.10.15
79. 「困った人たち」とのつきあい方 R.M.ブラウン、鈴木重吉ほか訳 河出書房新社 1997.6.
80. 在日元従軍慰安婦謝罪・補償請求事件訴状 編 在日慰安婦裁判を支える会

81. 在日韓国・朝鮮人の補償・人権法 民族差別と闘う連絡協議会 新幹社 1990.7.
82. 在日韓国・朝鮮人の戦後補償  戦後補償問題研究会編 明石書店 1991.10.
83. 在ソ朝鮮人のペレストロイカ  現代語学塾編訳 凱風社 1991.7.
84. 在日朝鮮人教育論─歴史編  小沢有作 亜紀書房 1988.8.
85. 裁かれた七三一部隊  森村誠一 晩聲社 1990.7.

86. 裁かれた沖縄戦  安仁屋政昭 晩聲社 1989.12.
87. サハリン・北方四島からのメッセージ 栗原透 四国写植出版 1992.5.
88. 「三光作戦」とは何だったか  姫田光義 岩波書店 ブックレット377 1995.7.
89. 死刑台から見えた二つの国 朝鮮人BC級戦犯の証言 内海愛子、韓国・朝鮮人BC級戦犯を支える会編 梨の木舎 1992.5.25.
90. 知っておきたい韓国・朝鮮  歴史教育者協議会編集 青木書店 1992.5.30

91. .清水澄子「従軍慰安婦」 問題国会議事録集 清水澄子事務所
92. JAPAN Through the Eyes of Women Migrant Workers  大島静子ほか 日本基督教教団 1989.7.20.
93. 写真集・済州島 1信仰と祭りの世界 金秀男写真 国書刊行会 1993.7.
94. 写真集・済州島2 海女と漁師の四季 金秀男写真 国書刊行会 1993.7.
95. 写真集・済州島1 漢拏山(ハンラサン)と人々の暮らし 金秀男写真 国書刊行会 1993.7.

96. 写真記録・地下軍需工場と朝鮮人強制連行 久保井規夫 明石書店 1995.7.
97. 上海より上海へ 兵站病院の産婦人科医 麻生徹男 石風社(福岡) 1993.8.
98. 上海の日本軍慰安所と朝鮮人  藤永壮 大阪産業大学産業研究所 産研叢書1抜刷 1995.9
99. 従軍慰安婦資料集  吉見義明編集・解説 大月書店 1992.11.
100. 従軍慰安婦・慶子 死線をさまよった女の証言 千田夏光 恒文出版 1995.4. 初版1981光文社

101. 従軍慰安婦とは何か 高校生徹底質問 千田夏光 汐文社 1992.5.
102. 従軍慰安婦110番 電話の向こうから歴史の声が 編集委員会編 明石書店 1992.6.
103. 従軍慰安婦問題の歴史的研究 売春婦型と性的奴隷型 倉橋正直 共栄書房 1994.8.
104. 従軍慰安婦と十五年戦争  西野留美子 明石書店 1993.5.
105. 従軍慰安婦と戦後補償  高木健一 三一書房 1992.7.

106. 従軍慰安婦 正篇  千田夏光 三一書房 1978.9.
107. 従軍慰安婦 内鮮結婚  鈴木裕子 未来社 1992.3.
108. 「従軍慰安婦」問題と性暴力  鈴木裕子 未来社 1993.10.
109. 従軍慰安婦だったあなたへ  井上俊夫 かもがわ出版 1993.8
110. 従軍慰安婦 「兵備機密」にされた女たちの秘史 山田盟子 光人社 1993.2.

111. 従軍慰安婦 その支配と差別の構図 千田夏光 馬原鉄男対談 部落問題研究所 1992.8.
112. 「従軍慰安婦」にされた少女たち 石川逸子 岩波書店 岩波ジュニア新書222 1993.6.
113. 従軍慰安婦のはなし 十代のあなたへのメッセージ  西野留美子 明石書店 1993.8.
114. 従軍慰安婦  千田夏光 講談社 講談社文庫P480 1984.11. 単行本73.双葉社
115. 従軍慰安婦と天皇 かもがわブックレット50 千田夏光 かもがわ書店 1992.6.

116. 従軍慰安婦「海乃家」の伝言 海軍特別陸戦隊指定の慰安父祿Aンタラ 法律扶助協会ジョクジャカルタ支部 ラベラ協会ジョクジャカルタ支部 1996.
117. 日本による朝鮮支配の40年  姜在彦 朝日新聞社 1992.9.
118. 日本とドイツ─深き淵より  朝日新聞社編 朝日新聞社 1995.9.
119. 日本は朝鮮になにをしたの  映画「侵略」上映委員会編 明石書店 1991.8.
120. 日本は中国になにをしたの  映画「侵略」上映委員会編 明石書店 1994.3.

121. 日本の女性と人権 富岡恵美子・吉岡満子編 明石書店 1995.8.
122. 日本による朝鮮支配の40年  姜在彦 朝日新聞社 1992.9.
123. 日本軍政下のアジア  小林秀夫 岩波書店 岩波新書 1993.11.
124. 日本軍政下のアジア─大東亜共栄圏と軍票 小林秀夫 岩波書店 岩波新書 1993.11.
125. 日本軍強制収容所 心の旅 レオ・ゲレインセ自伝 手帖社 1995.10.

126. 日本国民につぐ─誇りなき国家は、必ず滅亡する 小室直樹 クレスト社 1996.12.
127. 日本の侵略と日本人の戦争観  江口圭一 岩波書店 岩波ブックレット365 1995.1.
128. 入門 朝鮮と日本の歴史  久保井規夫 明石書店 1988.8.
129. 人間はなぜ戦争をするのか 日本人のための戦争設計学序説 日下公人 クレスト社 1996.6.
130. 葉は落ちて根に帰る─中国の養母と日本人残留孤児の物語 片岡稔恵 東洋医学舎 1995.6.

131. ハルピンの星  内村健一郎 自費出版 1991.4.
132. ハンドブック戦後補償 内海愛子、田中宏ほか監修 編集委員会編 梨の木舎 1992.8.
133. 「反日感情」 韓国・朝鮮人と日本人  高崎宗司 講談社 現代新書1158 1993.8.
134. 「反日」と「親日」のはざま─韓国・台湾からみた日本 薄木秀夫 東洋経済新報社 1997.4.
135. ひめゆりの沖縄戦  伊波園子 岩波書店 1992.6.

136. フィリピンの日本軍「慰安婦」性的暴力の被害者たち 裁判弁護団 明石書店 1995.12.
137. フィリピン「従軍慰安婦」補償請求裁判訴状  編 フィリピン人元従軍慰安婦を支援する会
138. フィリピン戦逃避行  新美彰・吉見義明 岩波書店 ブックレット307 1993.8.
139. フェミニズムと戦争 新版  鈴木裕子 マルジュ社 1997.8.
140. 平和紙芝居 私たちの声を聞いて  渡辺泰子 汐文社

141. 北京に集う '95国連世界女性会議に向けて  久保田真苗 大脇雅子 社会新報ブックレット
142. HELPから見た日本 大島静子+キャロライン・フランシス 朝日新聞社 1988.12.10.
143. 鳳仙花の歌  金在南 河出書房新社 1992.11.
144. 暴力の関係に悩むあなたへ AKK女性シェルター運営委員会編
145. 法学セミナー97・8  日本評論社 1997.8.

146. 亡国自虐史観を撃つ──日本の真姿とアジアの使命をめぐる日韓台  中田清康企画(日本をまもる会) 展転社 1996.11.
147. 僕は八路軍の少年兵だった  山口盈文 草思社 1994.4.
148. 香港軍票と戦後補償  高木健一ほか 明石書店 1993.7.
149. 香港軍票補償請求事件訴状 編
150. 「松代大本営」─隠された巨大地下壕 日垣隆 講談社 現代新書 1994.7.

151. 満州国に生まれて  植村美千子 勁草書房 1994.7.
152. 醜い日本人 日本の沖縄意識  大田昌秀 サイマル出版会
153. 醜い韓国人─歴史検証編 加瀬英明・朴泰赫 光文社 1995.3.
154. 娘に語る祖国─『満州駅伝』─従軍慰安婦 つかこうへい 光文社 1997.3.
155. 文玉珠 ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私 文玉珠 森川万智子 梨の木舎 1996.2.

156. 「妄言」の原形 日本人の朝鮮観 高崎宗司 木犀社 1990.6.
157. もう待てない 今こそ戦後補償を!  戦後補償国際フォーラム94実行委 凱風社 1995.4.
158. もっと知りたい「慰安婦」問題 性と民族の視点から 金富子・梁澄子ほか 明石書店 1995.1.
159. 元下級兵士が体験見聞した従軍慰安婦 曽根一夫 白石書店 1993.11.
160. 元兵士たちの証言 従軍慰安婦 西野留美子 明石書店 1992.4.

161. 元「慰安婦」の証言─50年の沈黙をやぶって アジアフォーラム編 晧星社 ブックレット 1997.6.
162. 破られた沈黙 アジアの「従軍慰安婦」たち 伊藤孝司 風媒社 1993.7.
163. 闇の中の女性の身体─性的自己決定権を考える 若尾典子 学陽書房 1997.4.
164. 遊女・からゆき・慰安婦の系譜  金一勉 雄山閣出版 1997.1.
165. 歴史はねじまげられない  上坂冬子 講談社 1997.1.

166. 歴史教育はこれでよいのか  高橋史朗 東洋経済新報社 1997.4.
167. 歴史からの反論─教科書批判者たちの正体 尾上進勇 村上雅盈 東京出版 1997.5.20.
168. 歴史を裁く愚かさ─新しい歴史教科書のために 西尾幹二 PHP研究所 1997.6.
169. 65万人─在日朝鮮人  富田浩人編著 すずさわ書店 1977.12.
170. 六千人の命のビザ  杉原幸子 大正出版 1993.10.

171. 若者たちが考える戦争責任 十代のあなたへのメッセージ  西野留美子 明石書店 1995.12.
172. 私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行  吉田清治 三一書房 1983.7.
 

【補遺】

 慰安婦と戦場の性 秦郁彦 新潮選書 新潮社 1999.6.
 戦後補償とは何か 朝日新聞戦後補償問題取材班 朝日文庫 朝日新聞社 1999.9.