平成30年度 第71回 全日本実業団男子選手権大会
 7月20日(金)〜23日(月) セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城県総合体育館) 他

 予選グループ戦(7月21日) 組み合わせ
  A、B、C、Dコート:セキスイハイムスーパーアリーナ
  E、Fコート:仙台市青葉体育館
  G、Hコート:仙台市泉体育館

   ・第1試合開始予定時刻 9:30



・リコーインダストリー東北は24年連続30回目の出場

第1シード:中部徳洲会病院 (実業団優勝、櫻田記念優勝)
第2シード:横河電機 (実業団3位、櫻田記念準優勝)
第3シード:サンデンホールディングス (実業団準優勝)
第4シード:住友電工 (櫻田記念3位)
第5シード:JFE西日本 (櫻田記念3位)
第6シード:富士通 (実業団3位)

※本情報については、主催者の公式発表により最終確認をしてください。


< 展 望 >
前年度のV9チャンプ、実業団、櫻田記念を制した中部徳洲会、全日本総合覇者の住友電工を中心とした優勝争いが繰り広げられると思われますが、シードチームとV9チャンプ所属のJT東京、住電伊丹が優勢であり、ここを崩していくのはかなり厳しいことになりそうです。
今大会はリコーグループからリコー沼津も出場します。シードチームとの対戦となりますが全力を出し切ってほしいですね。また宮城からNittoも出場します。こちらもまずは予選突破が目標になるでしょうか。

RI東北としては宮城国体以来の地元開催となります。昨年の全日本総合でベスト8に入り、いいイメージを持ってここまで強化してきたでしょうし、勝負所での決定力も上がってきていると思います。
予選Gの相手は難敵ですが、持ち味をしっかり発揮すれば結果はついてくることでしょう。あとは怪我とか体調不良なく本番を迎えてください。
多くの方々にご観戦いただき、地元の利をしっかり活用したいところです。皆様の多大なご声援、よろしくお願いします!

HOMEへ戻る