2019年度 第34回 櫻田記念 全日本実業団選抜優勝大会
 12月20日(金)〜22日(日) 高崎アリーナ


開会式(20日)17:00〜


ブロック別グループ戦(21日)

1組
 中部徳洲会病院(沖縄)、パナソニック津(三重)、リコーインダストリー東北(宮城)、四国電力(香川)

2組
 住友電工(大阪)、JT東京(東京)、三菱電機紅菱会(兵庫)、THK甲府(山梨)

3組
 JFE西日本(広島)、住友電工伊丹(兵庫)、ヤマハ(静岡)、JR九州(福岡)

4組
 横河電機(東京)、富士通(兵庫)、サンデンホールディングス(群馬)、パナソニック新潟(新潟)

 ※リコーインダストリー東北は10年連続24回目の出場


 A、B、C、Dコート:高崎アリーナ

 第1試合開始 9:30


各トーナメント戦(22日)

 第1試合開始 9:30



各組上位2チームの計8チームの上位組、及び下位2チームの計8チームによる下位組の各順位決定トーナメント戦を行う。

※本情報については、主催者の公式発表により最終確認をしてください。


< 展 望 >
今まで開会式は予選リーグ当日の朝に行われていましたが、今回から他の全国大会同様に前日行われるようです。
V9チャンプリーグが台風19号による影響で中止となっており、現時点で各チームの実力が分からない状況です。
が、同リーグ所属チームに打ち勝たないことには上位進出できないので、厳しい戦いになることは間違いないでしょう。
全日本総合と櫻田記念の開催間隔が昨年とほぼ同様であるため、全日本総合で激闘過ぎると、櫻田記念まで調整の難しさもあります。

何か久しぶりの1組っていう感じがしますが、V9チャンプ初昇格であるパナソニック津との初戦がカギとなりそうですね。
ここまであと一歩でベスト4を逃し続けていますが、今度こそという思いを現実とさせるべく、全員一丸でがんばります!

HOMEへ戻る