2020年度 第6回 櫻田杯 全日本トップリーグ
セカンドリーグ
 11月14日(土)〜15日(日) かみす防災アリーナ 他


※富士通小山、松本市役所、メイラ、沖縄銀行は棄権。
※棄権チームとの対戦成績は21-0、21-0扱いとなる。
※NVCは2日目不参加。

茨城ラウンド
 予選グループ戦 (11/14)


 各トーナメント戦 (11/15)


第1位:リコーインダストリー東北
第2位:日本無線、第3位:リコー、第4位:東京東信用金庫
第5位:SHINKA、第6位:WEEKLY、第7位:Messenger、第8位:住友電工横浜
第9位:茨城クラブ、第10位:日立大みか、第11位:日立佐和


埼玉ラウンド
 予選グループ戦 (11/14)


 各トーナメント戦 (11/15)


第1位:三島市役所
第2位:静岡クラブ、第3位:NO NAME、第4位:日本体育大学
第5位:阿呆鳥、第6位:ニコン、第7位:NEC府中、第8位:川口市役所

※各ラウンドの決勝トーナメント進出1位〜3位チームに次年度セカンドリーグの出場資格を付与する。
※各ラウンドの決勝トーナメント進出8チームに櫻田杯の出場権を付与する。(なお、出場できない場合はそれを認める)


< 戦 評 >
新型コロナ禍での厳しい戦いの中、RI東北は見事オールストレート勝ちでセカンドリーグ茨城ラウンド1位となりました。地道な練習の成果が出ましたね。
予選リーグでは2連勝となりましたが、トーナメントの組み合わせは組1位同士の成績を照らし合わすため、全勝同士の比較になります。リコーは1セット失っているので1位グループ3位、RI東北は得点率で日本無線を上回り1位グループ1位となりました。
棄権チームとの対戦を21-0扱いとしているので圧倒的にRI東北有利でしたが、もしそれを除いて計算しても1位でした。出だしの試合でもたつき感はあったものの、2試合目をひと桁スコアにまとめたのは素晴らしいです。

なお、2位グループの順位は2位チーム同士の1セットマッチで決定しました。2位グループ1位だけが決勝トーナメント及び櫻田杯進出の権利を得るので、単純な数値の比較では決められないということなのでしょう。
決勝トーナメントでは硬さも見られたようですが、東京東信用金庫戦では高城選手がラリーからの2段トスを決めてデュースのセットをもぎ取るなど、若手も十分に活躍しています。
これで櫻田杯への切符を手にするとともに、来年度セカンドリーグ出場権を得ました。

新型コロナ第3波かと言われる状況で、櫻田杯へ向けての環境は更に厳しさが増すところではありますが、櫻田杯は今までと同じ櫻田記念の対戦スタイルになるらしいので、トップリーグチームを撃破し、頂点目指して頑張って欲しいと思います。
今後もご声援、よろしくお願いします。

HOMEへ戻る