平成28年度 第86回 全日本総合男子選手権大会
 11月11日(金)〜14日(月) ハンナリーズアリーナ 他

 予選グループ戦組み合わせ(11月12日)

  A、B、C、Dコート:ハンナリーズアリーナ
  E、F、Gコート:向日市民体育館


      ・第1試合開始時刻 9:30



・リコーインダストリー東北は21年連続25回目の出場

第1シード:住友電工(大阪)
第2シード:中部徳洲会病院(沖縄)
第3シード:群雄会(静岡)
第4シード:サンデン・ホールディングス(群馬)


※本情報については、主催者の公式発表により最終確認をしてください。

< 展 望 >
全日本実業団優勝の住友電工、準優勝の富士通に昨年度の全日本総合優勝の中部徳洲会病院を中心とした優勝争いが繰り広げられると思いますが、富士通はシードではないし、JFE西日本や住電伊丹、PES津などの実業団勢もシード勢に対抗するには十分の実力を有しているので、トーナメントの組み合わせ次第では波乱が起きる可能性があります。
予選グループ戦でRI東北はヤマハとの対戦となりますが、ヤマハは実業団では3回戦で敗れたものの、昨年の総合ではベスト8まで進出しており侮れません。
最近結果が出ていませんが、積極的に行こうとして墓穴を掘ってしまい、ミスが怖くて受け身になっているようです。でもウチは攻めないと実力を発揮できないので、そこはチャレンジングでアグレッシブに突き進まなければなりません。
もっと自分に自信を持って臨んでいいと思います。全力出し切れ!RI東北!

HOMEへ戻る