平成29年度 第87回 全日本総合男子選手権大会
 11月24日(金)〜27日(月) 大阪市中央体育館

 予選グループ戦組み合わせ(11月25日)

  A、B、C、Dコート:大阪市中央体育館メインアリーナ
  E、Fコート:大阪市中央体育館サブアリーナ


      ・第1試合開始時刻 9:30



・リコーインダストリー東北は22年連続26回目の出場

第1シード:中部徳洲会病院(沖縄)
第2シード:おかやま(岡山)
第3シード:サンデン ホールディングス(群馬)
第4シード:横河電機(東京)
第5シード:住友電工(大阪)
第6シード:群雄会(静岡)
第7シード:住友電工伊丹(兵庫)
第8シード:JT東京(東京)


※本情報については、主催者の公式発表により最終確認をしてください。

< 展 望 >
来年度からの男女同時開催など9人制発展への一環として、実力が近接したチーム同士の対戦を回避するため、今まで4つだったシードが8シードまで拡大されます。シードチームが予選Gで負けた場合は、シード順位が繰り上がるそうです。
順当なら少なくとも3回戦までにシードチームと対戦することになるので、実力を伴わないと上位には入れないでしょう。ただ、JFE西日本や富士通などシードになってもおかしくないようなチームも存在しますし、8チームもあればシード権を剥奪される可能性も高くなるでしょうから、その辺の番狂わせも楽しみです。

さて、RI東北としては現役復帰組が少しづつ調子を上げてきており、本番までには上位に対しても面白い展開まで持っていけるかもしれません。ただやはり心配なのは怪我。しっかりケアして臨んで欲しいと思います。
予選Gの相手は2ndというネーミングがちょっと格下を連想してしまうので、惑わされないようにしないといけませんね。
また、東北ブロックの代表として3枠が割り当てられていましたが、宮城の2チームしかエントリーしていなかったため、Nittoが宮城第2代表で出場します。
今大会はリコーも出場しており、リコーグループとしても好結果を残せるように頑張ります!

HOMEへ戻る