2019年度 第89回 全日本総合男子選手権大会
 11月28日(木)〜12月1日(日) 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館) 他

 予選グループ戦組み合わせ(11月29日)

  A、B、C、Dコート:丸善インテックアリーナ大阪 メインアリーナ
  E、Fコート:丸善インテックアリーナ大阪 サブアリーナ


      ・第1試合開始時刻 9:00



・リコーインダストリー東北は24年連続28回目の出場

第1シード:住友電工(大阪)
第2シード:JFE西日本(広島)
第3シード:富士通(兵庫)
第4・5シード:中部徳洲会病院(沖縄)
第4・5シード:住友電工伊丹(兵庫)
第6シード:おかやま(岡山)
第7・8シード:JT東京(東京)
第7・8シード:リコーインダストリー東北(宮城)
第9・10シード:横河電機(東京)
第9・10シード:パナソニック津(三重)

(第4、7、9シードについては、シードポイントが同点のため、決勝トーナメント抽選会までに当該チームによる抽選により決定する)

※本情報については、主催者の公式発表により最終確認をしてください。

全日本9人制総合選手権大会オフィシャルサイト


< 展 望 >
今回のシード決めは、台風によるV9チャンプリーグ中止のため、その成績が反映されていません。よってRI東北がV9チャンプ所属チームより上位のシードという変則的な位置となりました。
とは言っても、順当に勝ち上がれば、3回戦で第9、10シードと対戦するので、それほど変わりないのですが、シード決めの抽選があるため、その辺の運がどう転ぶかってところでしょう。

一番影響があるとするなら、8シードまでのチームは予選がないこと。このプロセスになってから潰し合いはなくなったものの、予想以上にシードチームは苦戦しているように見えます。
初戦も恐らく午後になるでしょうから、調整の仕方、ゲームの入り方に注意しないと、波に乗り切れない可能性があります。
そして久しぶりの「シード」という立場。変な重圧がのしかかってくるかもしれません。選手は気にしないと思いますが、相手の意気込みも違うでしょうし、こんなはずでは…とならないよう、対処していきましょう。

やはりRI東北はまだまだチャレンジャーの身。しっかり攻めて、しっかり勝ち抜く。目標を達成できるように、自信を持っていつもの全員一丸で頑張っていきましょう。
皆様のご声援、よろしくお願いします!

HOMEへ戻る