11月19日〜20日、RI東北において全国実業団バレーボール指導者研修会が開催され、RI東北バレー部がモデルチームとして参加しました。
19日は大竹秀之講師(JVA発掘育成委員会副委員長)による育成と指導法の講義と実技、20日は大石博暁講師(現 男子日本代表トレーナー)による体づくりの講義と実技が行われました。
基礎的な部分が大半でしたが、実技では思うように動けず四苦八苦する場面も見受けられました。それでも研修を通して今までにない体験をしたことで、新たに思う部分が多々あったことでしょう。
当チームはモデルチームというよりも研修メンバーとして参加したような感じでしたが、これをしっかり活かして勝利に結びつけて欲しいと思います。


大竹講師による実技。
3ボールによるパスゲーム。

大石講師による講義。
柔軟性要素チェック。

  ※日本実連の了解を得て掲載しています。

HOMEへ戻る