1月31日、秋保温泉郷において、バレー部納会が行われました。例年以上に差し入れをいただき、部員一同、感謝しております。

2大会でベスト8という結果を残し、V9チャンプ勢以外としては好成績であり、上位とも戦えるようになってきましたが、2018年度の成績を越えられなかったのも事実。
底上げという意味では安定してきたので、ここから更に一歩、変革が必要になってくるでしょう。

そのようなこともあり、2020年シーズンから体制が一部変更になります。
熊谷選手、永井選手がコーチ兼任、吉田選手がマネージャー兼任となり、鈴木マネージャーが退任となりました。
また、佐々木選手が新主将となり、鎌田選手は副主将としてサポートに回ります。
目標必達に向け頑張っていきますので、今後もご声援のほどよろしくお願いします!

<以下、挨拶要旨>

庄司部長: ベスト8を2回、櫻田記念は疲れが溜まった分もあったかと思いますが、確実に上昇基調ということで、来年度に向けて飛躍していきたいと思います。
選手はもちろんですが、スタッフ方々の支えがあって選手が活きるということもありますし、何よりもご家族、職場の同僚・先輩の支えあってこそということなので、皆様方への感謝を含めて楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。
来年度に向けて生気を貯めるためにも、いただいたお酒を全て飲み切る勢いでやっていきましょう。一年間お疲れさまでした。

江口監督: 一年間通して(選手には)付いてきてくれてありがとうございます。18年度から2年間、ベスト8という成績を残しチームとしても実力が定着してきたのかなというところがあります。
一方で厳しい目で見ると、ベスト4以上のチームと少し力の差が出てきているということもありますので、2020年としては若い力とベテラン選手とを融合して、必ずトップリーグに入っていきたいと思っています。

鈴木マネージャー: 定年が近づきまして、少し自分の時間を作りたいということもあり、引退させていただくことになりました。最初の1、2年くらいはマネージャーの名前ばかりで練習に行かず、遠征して酒飲みに行っているという感じだったですけど、そこからの3年間は練習も真面目に行ったつもりですし、頑張ったかなと思います。
で、体の方もだいぶガタがきまして、この辺が潮時かなと。今後は陰ながら手伝わせていただきたいと思います。5年間、ありがとうございました。

戸倉社長: 大友さん、上野さん、加藤さん、ご参加いただきありがとうございます。OB含めて一体感が出てきたと思いますので、昨年の慰労に対して、ここで皆さん言葉をかけながらやっていけたらいいかなと思います。
何よりも前進あるのみなので、今年のバレー部の目標…ってなんだっけ? [にっぽんいちです(江口監督)] だそうですから、日本一目指して頑張りましょう!

淺田後援会会長: 一昨年は最後の5点、去年は最後の2点、進歩してきたけど最後の2点で負けています。今年は最後2点をよろしくお願いします。
最近、子供と一緒にハイキュー見てバレーの勉強をしています。今年はウンチクを語りながら皆さんにアドバイスしたいと思います。既にレシーバーにはスプリットステップを伝授しました(笑)。これで後衛は拾いまくりますから。
やはりベスト4を狙ってはベスト4には入れません。監督が言ったように優勝を狙ってこそです。ということで今回は一本締めではなくエイエイオーで行きます!

佐々木主将: 元キャプテンの篤志さんみたいにチームをうまく回せるかちょっと不安なんですが、目標である日本一に向けて自分に何ができるかを考えながら、日々やっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

2020は燃えに燃えまくるぞ!


HOMEへ戻る