平成30年度 全日本トップリーグ(V9チャンプリーグ) 入替戦出場チーム決定戦
 10月6日(土) 神奈川県横浜市 住友電工横浜体育館


決勝トーナメント

  ※現地を早々に離れましたので、その時点までの結果を記載します。
  ※最終結果に差し替えました。


< 戦 評 >
当日の組み合わせにおいて、同一都府県は決勝まで対戦を避ける形となっています。
大会前に故障者が出てベストな布陣が組めなかったとはいえ、いつものような負けパターンにはまってしまいました。
初戦に挑む甘さ、カットミス連発、パスが乱れる、サーブのダブリ、セカンドサーブはど真ん中、相手特定のアタッカーに為す術なしなどなど…残念ながらミス多きチームに勝利は微笑みません。
第1セット、第3セットはリードされて追いかけるも、先にこちらがミスをしてしまう展開。第2セットは出だしの4−0でリズムをつかみ、効果的にコンビが使えていただけに、第1セットを接戦で失ったのが痛かったですね。
「負けたら何の言い訳もできませんが、良いところ悪いところを認めて、また次に進みます」と江口監督、V9チャンプリーグ昇格の目標は絶たれましたが、主要大会はこれからなので、また全員一丸でやり抜きましょう。

佐々木選手の時間差。

HOMEへ戻る